パチンコ CRDD北斗の拳 導入日、スペックなど最新情報!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高尾から、パチンコ新台、ぱちんこCRDD北斗の拳が登場します。

ここで、DD北斗の拳の解説を少し。

DD北斗の拳とは、北斗の拳をベースとしたギャグ漫画です。
月間コミックゼノンに現在も連載されています。

hokuto

導入日

CRDD北斗の拳の導入日は、2016年7月下旬~です。

スペック

CRDD北斗の拳は、ミドルスペックのV-ST機です。

大当り確率1/319.6(1/34.8)
確変突入率56%(V-ST)
確変継続率約65%(ST36回転)
電サポ回数40or60or80or100
賞球1&3&6&15
出玉16R約2400個
7R約1050個
6R約900個
4R約600個
ラウンド振り分け
(ヘソ)
16R(ST突入)10%
6R(ST突入)46%
6R(ST非突入)44%
ラウンド振り分け
(電チュー)
16R(ST突入)60%
7R(ST突入)10%
7R(ST突入)30%

大当り確率1/320、継続率65%以下という新基準に則っています。

ゼロアタッカーならぬ、零アタッカー(レイアタッカー)搭載で、16R約2400個の出玉を獲得できます。

ひとこと

北斗の拳といえば、サミーというイメージですが、DD北斗の拳は、高尾から登場です。

別版権という扱いなのでしょう。

「北斗の拳の強敵現る」なんて、サミーの北斗の拳をちゃっかりライバル視していますね。

スペックも、V-ST型と、北斗無双に近い部分がありますし、零アタッカーなんてモロですね(笑

サミーの北斗の拳ほどの導入はないでしょうが、パチンコ界で北斗の拳といえばキラーコンテンツですから、北斗人気にあやかることが出来るでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする