【CR牙狼7】CR牙狼GOLDSTORM翔 導入日、スペック、PV動画、試打動画など

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンセイから、パチンコ新台、CR牙狼GOLDSTORM翔が登場します。

今回は、CR牙狼GOLDSTORM翔の導入日、スペック予想など最新情報をお伝えします。

garo

導入日

CR牙狼GOLDSTORM翔の導入日は、2017年7月31日?8月7日?

スペック

CR牙狼GOLDSTORM翔のスペックは、大当り確率1/318のミドルスペックST機です。

CR牙狼GOLDSTORM翔
大当り確率1/318.6(1/127.5)
確変突入率ヘソ61%、電チュー82%
(ST187回)
時短100回転
賞球4&1&3&14
カウント9カウント
ラウンド振り分け(ヘソ)
16R確変(ST187回)12%
4R確変(ST187回)49%
4R通常(時短100回)39%
ラウンド振り分け(電チュー)
16R確変(ST187回)82%
16R通常(時短100回)18%

電チューからも通常大当りがあるスペックになりました。

実質確変継続率は、約63%、時短も含めた実質継続率は、約68%です。

こんなスペックにして欲しかった・・・

時短は100回付けられることを利用して、

大当り確率1/200、魔戒チャンス突入率25%、ST60回、その後時短100回のようなスペックにして、実質継続率を上げることはできなかったのでしょうかね?

あまり詳しい規制までは分かりませんが。

まあ、そんなことをしたら、またお上に目をつけられるでしょうね。

今回のCR牙狼GOLDSTORM翔は、爆発力で言えば北斗の拳7よりも随分劣るように感じます。

北斗の拳7と同程度の台数が導入されるようですが、果たして人気はどうなるのか、気になるところです。

あと、仕事人のような筐体で、価格も50万円くらいするようです(驚)

牙狼シリーズ

この数年ずっとホールのメイン機種として活躍してきた牙狼ですが、ここにきて

CR牙狼(2008年)
CR牙狼~RED REQUIEM~(2010年)
CR牙狼魔戒閃騎鋼(2012年)
CR牙狼FINAL(2013年)
CR牙狼金色になれ(2014年)
CR牙狼魔戒ノ花(2015年)

この他にも、CR暗黒騎士呀鎧伝、CREASE牙狼外伝桃源の笛、CR絶狼など、外伝的なシリーズもいくつか出ています。

ここ数年ずっとホールのメイン機種として活躍してきた牙狼シリーズですが、スペック規制により大きな岐路に立たされています。

リユーススペックの牙狼闇を照らすものは今のところ、人気は低迷していると言わざるを得ません。

初代牙狼のスペックの荒さが問題視され、規制が入った後、牙狼~RED REQUIEM~発売時も一時的に人気を落としましたが、その後の魔戒閃騎鋼でV-STを採用し、復活しました。

今回のCR牙狼GOLDSTORM翔の成否が、今後の牙狼シリーズの運命を握っているといえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする