甘デジ CR牙狼復刻版ZZ-S 導入日、スペック、ボーダーラインなど最新情報!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンセイから、パチンコ新台、CR牙狼復刻版ZZ-Sが登場します。

今回は、CR牙狼復刻版ZZ-Sの導入日、スペック、ボーダーラインなど、最新情報をお伝えします。

garofukkoku

導入日

CR牙狼復刻版ZZ-Sの導入日は、2016年10月11日です。

スペック

CR牙狼復刻版ZZ-Sのスペックは、大当り確率1/99の一種二種混合機です。

CR牙狼復刻版ZZ-S
大当り確率1/99.75
確変突入率50%
確変継続率65%
時短なし
賞球4&1&8
カウント9カウント
ラウンド振り分け(ヘソ)
4R確変(約252個)50%
8R通常(約504個)50%
ラウンド振り分け(電チュー)
15R確変(約945個)65%
4R通常(約252個)35%

大当り確率が高い分、継続率は低めに抑えられています。

単発で終わっても、500発の出玉は確保できるようなスペックになっています。

ボーダーライン

条件短時間稼働
通常500回転
半日稼働
通常1000回転
終日稼働
通常2000回転
2.5円22.7回21.7回21.4回
3.0円20.4回19.9回19.8回
3.3円19.2回18.8回18.7回
3.6円18.4回18.3回18.1回
4.0円17.4回17.4回17.4回

ライトミドルスペックの牙狼復刻版XXよりは甘いスペックになっています。

ひとこと

ライトミドルの牙狼復刻版XXが予想されたほどの人気は出なかったため、控えめの導入台数になるでしょう。

ヘソ4個賞球の台としては標準的なスペックに仕上がっているため、甘い調整の台があれば十分狙えますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする