CR牙狼復刻版XX スペック、ボーダーライン、止め打ち、釘読み攻略など。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CR牙狼復刻版XX

garofukkoku

初代牙狼の演出を踏襲した牙狼復刻版です。
スペックは、1/208.7と、初代ガロに比べると倍くらい当たりやすいですね。
その代わり、大当たりラウンドに4Rが搭載されるなど、出玉面で調整されています。

基本スペック

大当り確率1/208.7
賞球3&1&12
魔戒チャンス突入率50%
魔戒チャンス継続率82%
出玉4R・・・約385個
15R・・・約1450個

ヘソ入賞時のラウンド振り分け
4R(魔戒突入)50%
4R(魔戒非突入)50%
電チュー入賞時のラウンド振り分け
15R(魔戒継続)50%
4R(魔戒継続)32%
4R(魔戒終了)18%

ボーダーライン

いわゆる新基準機です。ボーダーラインは若干辛めとなっています。

交換率出玉削りなし出玉5%削り
2.5円24.625.9
3.0円22.223.4
3.3円21.122.2
3.5円20.421.4
4.0円19.120.1

期待収支

出玉は上記の出玉通りと想定。電サポ中増減なし
通常時2000回転、持ち玉比率80%の終日稼働と想定して計算。

3.0円3.5円4.0円
16回/k-15,783-14,432-12,953
18回/k-4,678 -1,908 +936
20回/k+4,278 +8,112 +12,047
22回/k+11,606 +16,309 +21,138
24回/k +17,713 +23,141 +28,714

単位は円

止め打ち攻略

初代牙狼と違い、ベロ賞球が1となっています。また、羽根入賞の賞球は3ですが、Vゾーンが開くタイミングが2回あるため、外しが非常に難しくなっています。

正直、魔戒チャンス中の玉増えはあまり見込めません。

少しでも増やす方法がないか、検証中です。

各演出信頼度などはこちらから。

CR牙狼復刻版XX 激アツ演出、演出信頼度まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする