ハナビ スペック、通常時の打ち方、ボーナス中の打ち方、RT中の打ち方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

hanabi6

パチスロハナビのスペック、通常時の打ち方、ボーナス中の打ち方、RT中の打ち方を紹介します。

関連記事
ハナビ 設定判別要素、設定差一覧

基本スペック

ハナビは、ボーナスで出玉を増やすノーマルタイプです。
ビッグボーナス終了後には、RTが付いてきます。
ビッグボーナス獲得枚数最大311枚
レギュラーボーナス獲得枚数最大104枚
1000円あたり回転数約35G
RT純増約0.3枚
ハナビは、4段階設定です。
設定
BIG
REG
合成確率
11/312.11/385.51/172.5
21/303.41/368.21/166.3
51/292.61/348.61/159.1
61/277.71/324.41/149.6
設定
機械割
フル攻略時
198.0%100.5%
299.9%102.3%
5103.1%105.4%
6106.1%108.5%

機械割は、フル攻略時と通常のメーカー発表値では、2%以上違います。

少しでも勝率を上げていくための打ち方を、このページで紹介します。

リール配列

hanabi

通常時の打ち方

通常時は、左、右、中のハサミ打ちで打ちましょう。

1.左リール枠上or上段にHANABI図柄を狙う。

2.右リールをフリー打ち

・氷がテンパイした時(右リールHANABIも氷の代替図柄なので注意)
中リール赤7を目安に氷狙い

・氷非テンパイ時
中リールフリー打ち

リーチ目

ハナビは、ボーナス成立をいち早く察知できるかどうかが勝率アップのカギです。

リーチ目は2800種類以上ありますが、とても覚えていられないので、先ほど紹介した通常時の打ち方をしている時に覚えておくべきリーチ目を紹介します。

1.ゲチェナ
hanabi2
右リール下段にチェリーと赤7が止まる。ゲチェナと呼ばれる有名なリーチ目です。

2.ダブルテンパイハズレ
janabi3
風鈴と氷がダブルテンパイして、子役が外れればボーナス確定です。

3.ノリドン
hanabi4
右リール上から暖簾、リプレイ、ドンが出るのでノリドンといいます。
これで、中リール中段に氷が止まらなければボーナス確定です。

おおかた、この3つを覚えておけば十分です。

遅れ、フラッシュ

リーチ目とともにボーナスを察知するのに重要な演出に、遅れとフラッシュがあります。

・遅れ
リール始動時の「ティロロロン」という音が一瞬遅れます。

遅れが発生して、チェリーが成立していなければボーナス確定です。

ハナビの遅れは、ミリオンゴッドの遅れなどよりも分かりづらいので、慣れが必要です。
通常は、ティロロロンの最初のロのあたりでリールが回り始めるのですが、遅れの時はティの部分でリールが回り始めます。

・リールフラッシュ
リールフラッシュは大きく9パターンあります。
この法則が崩れると、ボーナス確定です。

これくらいは覚えておくと良いでしょう。
hanabi5
公式HPより

ボーナス中の打ち方

・ビッグボーナス中の打ち方
ビッグボーナス中は、一度だけ14枚役を獲得し、あとは逆押しフリー打ちでOKです。

14枚役の獲得方法は、順押しで左リール中段に赤7をビタ押しします。
ビタ押しはボーナス中何度でもチャレンジでき、一度成功すればあとは逆押しフリー打ちに切り替えます。

・レギュラーボーナス中の打ち方
レギュラーボーナス中は、完全フリー打ちでOKです。

RT中の打ち方

ビッグボーナス終了後は、純増約0.3枚/GのRTに突入します。

RTは、ハナビチャレンジとハナビゲームの2パートに分かれます。

・花火チャレンジ
ハナビチャレンジ中は、リプレイハズシをする必要があります。

テローンという効果音とともに、リール上のHANABIと書いてある部分が左から右に流れた時、リプレイハズシをします。
リプレイハズシは、逆押しで左リール枠上or上段にHANABI図柄を狙います。

ハナビチャレンジは最大20Gで、12Gまではリプレイハズシをしたほうが良いのですが、失敗すると、ハナビゲームに移行してしまいます。

残り8ゲーム以降はテローンという音とともにリール上のHANABIと書いてある部分が左から右に流れますので、順押しフリー打ちでハナビゲームを開始させます。

・花火ゲーム
花火ゲーム中は、通常時と同じ打ち方でOKです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする