新台 CR花の慶次X 雲のかなたに 止め打ち、捻り打ち、釘読み攻略、ストロークなど

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パチンコCR花の慶次X 雲のかなたにの止め打ち、捻り打ち、釘読み攻略情報を紹介します。

keijix2ニューギンより

ストローク

ストロークは、玉が右に飛ばない範囲内であればどこでもOK。

調整に応じて、勢いが弱くヘソまで届かない玉が多ければ強めに、逆にヘソを飛び越えてしまう玉が多ければ弱めを試しましょう。

盤面左側の釘調整

keijixkugi4

釘が赤矢印方向を向いていればプラス調整、逆方向でマイナス調整です。

青矢印はこぼしポイントです。ここを広げられると結構こぼれてしまうので、要チェックです。

風車周りの釘は、三角形をイメージすると分かりやすいでしょう。
ヘソ側の辺が長くなるような調整が理想です。

ヘソ周辺の釘調整

keijixkugi5
ヘソ周辺は、オーソドックスにヘソが開いている方が良し。

ヘソに誘導する道釘は、隙間を狭くする方向に調整されていれば、プラス調整です。

スルー周辺の釘調整

keijixkugi6

スルーと、その隣には入賞口があるので、要チェックです。

スルー周辺、入賞口周辺共に、三角形をイメージすると分かりやすいです。

赤矢印方向がプラス調整、その逆がマイナス調整です。

花の慶次Xはアタッカー周辺には釘がないので、見る必要はありません。

電チュー周りもよほど極端なマイナス調整でない限り、問題ないでしょう。

止め打ち、捻り打ち

花の慶次X 雲のかなたにの電チュー開放パターンはミドル開放3回です。

電サポ中は、電チューが開くごとに2発打ち出しでスルーが途切れず、スルー横の入賞口の調整が悪くなければ微増します。

スルーの通りが悪ければ、電チューが開いたら弱弱強で捻る必要があるかもしれません。

CR花の慶次X 雲のかなたに 関連記事

新台 CR花の慶次X 雲のかなたに セグ、保留、予告、リーチ 信頼度、ボーダーライン、裏ボタン、スペックなど

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする