ニューキングハナハナ 設定判別要素、設定差一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニューキングハナハナの設定判別要素、設定差一覧を紹介します。

実際に設定判別する時に必要になる部分だけ紹介します。

kinhana3

ボーナス確率

設定BIGREG合算
11/3031/5041/189
21/2931/4741/181
31/2811/4391/171
41/2681/4071/161
51/2561/3741/151
61/2341/3361/138

ビッグボーナス、レギュラーボーナス共にそれなりの設定差が有ります。

どちらかというとレギュラーボーナスの方が設定差が大きいので、合算確率を見ながら、合算確率が近ければレギュラーボーナス確率の高い台を選びましょう。

ベル確率

設定出現率
11/7.48
21/7.37
31/7.32
41/7.35
51/7.24
61/7.19

通常時ノベル確率に設定差があります。

2000~3000Gほど回して、設定1を下回っていたらヤメ、設定6を上回っていたら続行。という風に目安にしましょう。

設定1~6の間をウロウロしている間はあまり参考になりません。

BIG中のスイカ確率

設定スイカ確率
11/54.8
21/42.2
31/41.7
41/37.5
51/33.9
61/32.1

BIG中のスイカ確率に比較的大きな設定差があります。

1回のBIGのゲーム数は24ゲームです。
チェリー、スイカを取りこぼしたら1回につき+1ゲームですが、1回でも取りこぼすと信頼度が落ちるので、取りこぼさないようにしましょう。

パネルフラッシュ確率

ボーナス終了後に、リール上の王冠の絵が書いてあるパネルが点滅することが有ります。

設定通常レトロサウンド時
1
2
30.2%3.1%
40.4%6.3%
50.6%9.4%
60.8%12.5%

レギュラーボーナス後に点滅したら、設定3以上確定です。

BIG後にも点滅しますが、設定差が小さいので気にしなくて良いです。

その他、レギュラーボーナス中に白7を左リール中段にビタ押ししてサイドランプの光り方から奇数、偶数を見抜くといった設定差もありますが、あまり参考にならないのでしなくても良いと思います。

ニューキングハナハナ スペック、打ち方

ニューキングハナハナ スペック、通常時の打ち方、ボーナス中の打ち方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする