CR戦国乙女 -花- ストローク、釘読み、止め打ち、捻り打ちなど

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CR戦国乙女-花-の釘読み、止め打ちなどの情報をお伝えします。

otome4 出典:平和

ストローク

otomesutoro-ku

戦国乙女のストロークは、2番あたりを基本に、ヘソまで届かない玉が多ければ強め、ヘソを飛び越えてしまう玉が多ければ弱めに調整しましょう。

なお、3番のようにチョロ打ちになってしまうと、玉が盤面外側のルートを通り、ヘソに向かいづらくなるので、チョロ打ちは避けましょう。

釘読み

盤面左側

otomekugi1

ワープ周辺、風車周辺ともに赤矢印方向がプラス調整、その逆がマイナス調整です。

青い三角形をイメージすると分かりやすいでしょう。

緑の矢印はコボシポイントです。広げられているとマイナス調整です。

緑の矢印が左側と右側で2列ありますが、左側のほうが重要度は高いです。

盤面下部

otomekugi2

ヘソ周辺は、赤矢印方向がプラス調整です。

道釘は、緑の矢印部分がコボシポイントです。

このコボシポイントは無調整が基本です。

盤面右側

otomekugi3

スルー周辺は、赤矢印方向がプラス調整です。

青い三角形をイメージすると分かりやすいでしょう。

スルーは全ての玉が絡むので、無調整でも十分です。

戦国乙女花の電チュー賞球は1個なので、スルー保留が途切れるほどマイナス調整の台は避けましょう。

下の方の一般入賞口も、開いているに越したことはありません。

止め打ち、捻り打ち

大当りラウンド中

戦国乙女花のアタッカーは、9カウントです。

1.アタッカーに玉が8個入賞するように打ち出しを止める(アタッカーに玉が6個入賞した頃に打ち出しを止めると良い

2.9発目を弱めに打ち、10発目を強く打つ

以下繰り返し

電サポ中

戦国乙女花の電チュー賞球は1個なので、無駄玉をできるだけ減らす守りの止め打ちになります。

電チュー開放パターンは調査中です。

戦国乙女-花- 基本情報

CR戦国乙女 花 導入日、スペック、ボーダーライン、保留信頼度、予告、リーチ信頼度など

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする