スーパープラネットDX スペック、解析、通常時の打ち方、ボーナス中の打ち方、朝一変更判別

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山佐から、パチスロ新台、スーパープラネットDXが登場します。

パチスロスーパープラネットDXのスペック、打ち方など最新情報をお伝えします。

planet

スペック

スーパープラネットDXのスペックは、ボーナスとRTが搭載されたノーマルタイプです。

BB獲得枚数312枚
RB獲得枚数104枚
RT(フルーツゲーム)BB後30G
1000円あたり回転数約34G
REGBIG合算
設定11/4521/2861/175
設定21/4311/2851/172
設定31/4101/2801/166
設定41/3451/2731/152
設定51/2871/2691/139
設定61/2381/2381/119
機械割
設定196.9%
設定298.1%
設定399.8%
設定4102.6%
設定5105.2%
設定6112.3%

リール配列

pla

通常時解説

通常時は、プラネット役物が光ればボーナス確定です。

告知タイミングは、
・BET時
・レバーオン時
・リール回転時
・第一停止時
・第二停止時
・第三停止時
・第三ボタンを離した時

など、多種多彩です。

また、違和感が発生すると、ボーナスの確定です。

主な違和感演出は、
・上パネル点滅
・ケロット点灯
・リールスタート音変化
・下パネル消灯
・バウンドストップ
・リールストップ音変化

です。

通常時の打ち方

1.左リール枠内に、プラム・BAR・チェリーのチェリーを狙う。

チェリー・BAR・ベルの方ではないので注意!

・プラネット図柄(緑)が枠内に停止した場合
右リールフリー打ちで、プラムがテンパイ(BARも代用図柄です)したら、中リールプラム狙い

・その他の停止形
中リール、右リール共にフリー打ちでOK

難易度の高い中押し打法もありますが、現時点では設定差のあるベル確率の解析が出ていないので、この打ち方で良いでしょう。

ボーナス中の打ち方

まだ、詳細な解析が出ていませんが、スーパーボーナス、レギュラーボーナス共に通常時と同じ打ち方をしていれば取りこぼしはないでしょう。

スーパーボーナス・・・312枚獲得
レギュラーボーナス・・・104枚獲得

朝一変更判別

スーパープラネットの朝一は、違和感演出が出やすいようです。

朝一、違和感演出からのボーナスが発生した場合は、設定変更された可能性が若干高くなります。

また、山佐の台は設定変更後リールガックンが発生するので、一般的なガックン判別も有効でしょう。

プラネットシリーズ

プラネットシリーズは、ここ最近は発売されていませんでしたので、知らない方もいるかもしれませんが、結構歴史の古いシリーズです。

1985年発売、プラネット
pra4

1990年発売、スーパープラネット
pura

2002年発売、ネオプラネットXX
pra3

2005年発売、プラネット999
pra2

実に、11年ぶりの復活。ということになります。

Aタイプの「スーパープラネット」という意味では、26年ぶりですね。

ひとこと

AT規制により、各社ともAタイプの開発に力を入れています。

プラネットDXは、ビッグボーナス後に30GだけRTをつけることで、クレジット内連チャンの確率を上げています。

設定1でも、クレジット内連チャンの確率は約24%あるようです。

ジャグ連ならぬ、プラ連を楽しめそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする