ちょいパチリアル鬼ごっこ 導入日、スペック、ボーダーラインなど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高尾から、パチンコ新台ちょいパチリアル鬼ごっこが登場します!

今回は、CRちょいパチリアル鬼ごっこの導入日、スペック、ボーダーラインなどを紹介します。

onigokko

導入日

CRちょいパチリアル鬼ごっこの導入日は、2016年6月20日です。

スペック

CRちょいパチリアル鬼ごっこは、大当り確率1/29.9のV-ST機です。

大当り確率(確変中)1/29.9(1/29.9)
確変突入率30%(ST63回)
確変継続率60%
電サポ10回or63回
賞球6&1&3&5
カウント8カウント
ラウンド振り分け(ヘソ)
16R確変(ST63回、約640個)2%
5R確変(ST63回、約200個)28%
4R通常(時短10回、約160個)70%
ラウンド振り分け(電チュー)
16R確変(ST63回転、約640個)2%
5R確変(ST63回転、約200個)58%
4R通常(時短10回、約160個)40%

他スペックのリアル鬼ごっこと違い、電チュー入賞にも通常大当りがあります。

ST継続率自体は約90%と高いですが、トータル継続率は60%程度に抑えられています。

ボーダーライン

調査中

ひとこと

ちょいパチは、パチンコ初心者に手軽に遊んでもらおうというコンセプトだったかと思います。

初心者向けにしては、ちょいとスペックが複雑かな?という印象ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする