パチンコ CR閃乱カグラLMB 導入日、スペックなど。リミット5回の確変機

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高尾から、パチンコ新台、CR閃乱カグラが登場します。

今回は、CR閃乱カグラの導入日、スペックなど最新情報をお伝えします。

senrankagura

導入日

CR閃乱カグラの導入日は、2016年10月3日です。

スペック

CR閃乱カグラのスペックは、大当り確率1/229のV入賞確変機です。
確変継続には、5回のリミッターが搭載されています。

CR閃乱カグラLMB
大当り確率1/229.9(1/33.3)
確変割合50%
確変継続率81%(リミット5回)
時短10/40/60/80/100回
賞球4&1&7&3&10
カウント8カウント
ラウンド振り分け(ヘソ)
16R確変(約1280個)15%
12R確変(約960個)24%
4R確変(約320個)11%
4R通常(約320個、時短80回)5%
4R通常(約320個、時短60回)10%
4R通常(約320個、時短40回)25%
4R通常(約320個、時短10回)10%
ラウンド振り分け(電チュー)
16R確変(約1280個、リミット時は時短100回)16%
12R確変(約960個、リミット時は時短100回)45%
4R確変(約320個、リミット時は時短100回)20%
4R通常(約320個、時短100回)19%

確変5連チャンでリミッターがかかり、強制的に時短100回になってしまいますが、時短で引き戻すことができれば、リミッターはリセットされます。

アタッカーは、センサー前で玉が左右に揺れて滞留し、オーバー入賞しやすい形となっているため、実際の出玉は表記よりも多く取れるでしょう。

ひとこと

現行規制下でも高継続率を実現するため、リミッターを搭載したスペックです。

せっかく高継続でもリミット到達で強制的に確変終了となってしまうスペックが受け入れられるかどうか、注目です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする